人事・労務のことでお悩みを抱えたら

従業員のことで問題を感じている経営者個人事業主の方へ

 


人件費を削りたい
給与計算・労働保険手続きに
時間を割けないが、人も雇いたくない

業務効率化の相談
業務のことでちょっと相談したいが
コンサルを受ける間でもない

問題社員を抱えている
就業規則の見直しもしておらず
労基署に駆け込まれたら…と不安

助成金情報が知りたい
もらえるお金について知りたい
自社が当てはまるのか知りたい

大きな声では言えない悩み
仕事や人事のことで悩みはあるが
友達や近所の人には相談できない

労働基準監督署の調査
労基署が調査に来るというが
どう対応したら良いのか不安


当事務所では

24時間365日無料相談受付中

悩んだ時にすぐ相談出来ます。

当事務所が相談しやすいと支持を集めるのは
「相談したいとき、すぐに相談できる。」からです。

仕事をしていく上で悩みや疑問は尽きません。
悩むたびにちょっとだけ相談できる相手はいません。
「相談時間を長く割けない」「ちょっと聞いてみたい」にお応えしています。

ちょっと尋ねてみる

経営者・個人事業主満足度最大にする理由

経営者に徹底的寄り沿う傾聴技術・伴走する姿勢で支持される

DNAのイメージ

「教える」姿勢でなく「聴く」姿勢

 

「アドバイスしよう」「教えてあげよう」という姿勢でなく、シンプルに「聴いて」「一緒に解決」します。
 

24時間365日相談受付

 

悩みは時間帯を選んでくれません。24時間365日悩んだ時にすぐ相談できます。
 

実務経験に裏打ちされた豊富な知識

 

労働基準監督署での相談員経験と早朝4時間の勉強時間を取ってお客様のお悩み解決を図ります。

当事務所にご相談された方の前と後(一部)をご紹介します。
経営者や個人事業主の悩みは尽きません。解決に向けて一緒に歩を進めたいと考えています。

上から目線で‘教えてあげること’はせずに、相談者の問題解決に向けてよく話しを聴き、伴走します。
相談者の問題を一緒に背負い解決に向けて動きます。

 労働基準監督署で相談員をしていた経験があり700件以上の相談に応じました。
その時、よくこんな声が聴かれました。
「専門家に相談したが、もう調べ済みのわかっている知識を教えようとするだけで結局解決はしなかった。何とかならないか?」「わからないから専門家の先生に相談に行ったのに(法律に関して)‘わかります?!’と何度も言われて不愉快な思いをした。」
この経験から相談者は「解決したい」「解決するにはどうしたらよいのか」「それにはどのくらい時間とお金がかかるのか」を尋ねに来ていることを再確認しました。これは当たり前のことです。ですが専門家は専門家であるが故に、解決を図るためには‘こちらの持つ知識を出す’‘話をする’ことで解決したような気になってしまうのです。
もっと相談者の話を聴き一緒に解決を図る相談時間にしたいという思いを強くしました。

 

車いすに座る高齢の女性

飲食店経営・Oさん・男性

 事例 8行

美容室経営・Yさん・男性

 事例 8行

当事務所にご相談の前と後の続きを読む

社会保険労務士 渡部裕之(わたなべひろゆき)

話しを聴くことを大切にし、経営者と伴走する社会保険労務士 
1978年 福島県会津若松市出身。かに座 A型
エフォート南東北社労士オフィス代表

エフォート南東北社労士オフィス社会保険労務士渡部裕之

 リーマンショックの影響でリストラに遭うも、持ち前の陽転思考で「この経験を生かしたい」と一念発起。社会保険労務士に11ヶ月で一発合格する。
有資格者となったものの、実務経験もなく知識が活かせないまま今度は東日本大震災に遭遇する。この時、東日本大震災の影響で倒産の危機に面していたとある会社に社会保険労務士としての知識を活かし、利益をもたらしたことで「この道なら人様のお役にに立てる!」と確信し、金なし・伝手なし更に震災後の大混乱中に独立を果たす。
「上から目線で物事を教えること」を最も嫌い、常に話を聴き遮らない・否定しない・共感する平らな姿勢で相談に応じることで経営者や個人事業主から支持を得ている。

目的を「労働トラブルのない社会の実現」とし、経営者や個人事業主の悩み解決を図るため奔走中。

まずはどんなことでもちょっと聞いてみてください。

実はとても簡単に解決出来たり、やり方がわかったりする場合も多いです。
解決に向けて一緒に進めて参りましょう。



メールで必要事項をお伺いします。
2~3営業日以内にご返信いたします。

 

必要があれば詳しくお話しをお伺いすることも可能です。
  メールまたはZOOMでの対応となります。

 

その後も無料で何度ご相談いただいてもOKです。

 

 

相談してみる